自己破産の手続きを行うと同僚に明らかになってしまうのではないだろうか、といった具合に人に知れることが怖いと真剣に感じている人もいらっしゃるようですが、自己破産というものを行ってしまっても公的機関から勤め先に事実関係の報告などがすぐにいってしまうことはまずないので普通であれば明らかになってしまうことはないと言えます。アクアデオ

また、一般的なケースならば、破産の申立の後ならば債権者から部署の人間に督促の通達がなされるなどということもないと言えます。スチームクリーナー

しかし、自己破産の申し立てを公的機関に対して実行するまでの間であれば業者から会社の上司に手紙が送られる可能性がありますから、そのような原因で知られてしまう可能性がないとも言えませんし、月々の給与の没収を実行されてしまうと言うまでもなく、勤め先の知るところになります。メットライフ生命 医療保険|オンライン&電話で資料請求

こういった可能性が尽きないのならば弁護士などに自己破産申請の依頼をするといった解決手段をひとまず考慮してみるのがよいでしょう。犬のしつけがQ&Aで分かる!

司法書士や弁護士などに委任をするケースであれば、直ちに借りたところに受任通知が送られますが、こういった受任通知書が届いた後業者が借りた人を対象としてダイレクトに催促を行うのは固く禁止されていますので自分の上司に知られてしまうなどということもありません。KACHIDOKI

また、債務整理を原因として現在の会社を退職しなければいけないのか否かということについては役所の戸籍または住民台帳に書かれてしまうなどということはまずありませんゆえに、普通であれば会社の同僚に露見してしまうという事態は考えられないでしょう。

たとえ自己破産の手続きを申し立てたことが露見してしまったとことろで自己破産申立てをしたからといって解雇してしまうなどということはあり得ませんし職を辞す必要性もないと言えるのです。

ただ、自己破産というものが会社に発覚してしまう職場に居づらくなって辞めてしまうという事例があるのも事実です。

給金の押収において民事執行法では差押禁止債権の枠内で賃金または給料などというものを定められておりそのようなお金に関しては4分の1までしか差押えを認めていないのです。

だから、それを除く4分の3に関しては押収をするなどということはできません。

また民事執行法においては標準的な一個人の最低限の生活費を考慮に入れて政府の発令で水準額(33万円)を定めているためそれより下は25パーセントにあたる金額だけしか強制執行されないように定めています。

つまり借りた人がその金額以上の月収を取得しているケースはそれ以上の月給に関して全部没収することができます。

ですが、破産法の改正によって債務返済に対する免責許可の申込があり自己破産申請と同時に免責が決まる同時破産廃止決定といったものが確実になって自己破産申請の終了がなされていれば免責が定まり確約されるまでにおいては破産を希望する人の私財などに対して強制執行または仮差押え制度の適用・仮処分などが出来なくなり、それ以前に執り行われた強制執行などについても止められるということに変わったのです。

そして、免責が決定、確定をしたケースにおいては過去に実行されていた強制執行などは効力がなくなるのです。