予想外にいきなり遭遇してしまうのが交通事故です。クレジットカード比較

ここでどのように処理した内容が原因となり自動車の保険金の受け取りもかなり違ってくる場面もあるので判断力と対応力が重要です。

想像できないハプニングに冷静さを失ってしまえば大切な工程を逃してしまい、この先大損を負う場面も想像できるので交通事故をしたケースは適切に次の作業を行います。

自動車事故を起こした時に一番にするべきは怪我をした人の有無を確認する必要があります。

乗用車の事故の後すぐはパニックになって呆然としてしまう時があり短期間で行動できないのが当たり前です。

だから、怪我をした人がいたならば安全なところに運んでから手当てをし救急車を呼ぶなど人命最優先に努めることが重要です。

119番に電話をする場合ははっきりと位置を知らせて、良く分からない場合は周囲の目立つ学校や場所名を伝えて事故現場の住所が判断できるようにします。

次に警察に連絡して自動車事故が発生したことまた現在の様子を話します。

救急車と警察を待っている内に相手のことを聞きます。

氏名、住所、電話番号、ナンバープレート、相手の自動車保険会社名と言ったお互いのことを教えます。

特に相手に非がある状況では、その場所で結論を出そうとする場面がよくありますがすぐにやり取りするのではなく、どういった時にかかわらず警察署や保険会社に報告して、きちんとチェックしてもらう事が大切です。

互いの身元を交換したら車の妨げになるのを避けるために邪魔な物を道路から排除します。

もしも障害となった物が通りかかった人の邪魔になっている場合には、情報交換をするより先にその対応をしても問題はないです。

その次に自分の加盟している保険屋さんに連絡を入れ、自動車での事故が起こった事を報告します。

一定期間内で自動車の保険会社に連絡を入れないと、車の保険の適用外に事態もあるので時をおかずに行動することが必要です。

また事故現場の形跡として、コンパクトカメラや携帯のカメラ等を用いて現場や自動車の壊れた箇所を見ることができる写真を撮影しておきます。

これは過失がどのくらいあるのか決定する際に重要な役割となるので、己の車や先方の愛車の破損箇所を正確に手がかりとして残しておくことが大切です。

その状況で目撃者がいたとしたら警察の人や自動車保険会社が来るまでその場所に待ってもらうように頼むのも大事です。