お風呂に入る時、お湯の温度って非常に大切だと実感しています。セゾンカード

冬は適温と言われている42度前後が体が温まるのでいつもこのくらいの温度で入っています。

でもそれ以外の季節は、だいたい40度くらいのちょっとぬるめのお風呂にはいることが多いです。

お風呂は一日の終わりである寝る前に入っています。

そのため、リラックスして体をほぐしたりゆったりした気分になりたいと思って入っています。

また、体の汚れもしっかり落としてきれいな肌を作りたいとも思うので、少し長湯できるくらいの温度がちょうどいいんです。

そうなると熱いお湯ではそれほど長湯できないので、40度くらいの温度が一番しっくりしますね。

40度くらいの温度は、副交感神経が刺激されてリラックスモードに入ることができるそうです。

ストレスが多い時や疲れた日、仕事が忙しかった日などはゆっくりゆるめのお風呂に浸かることで体も心もほぐれていきます。

なので、シャワー派の人もたまには湯船に浸かってみるといいと思います。