もちろん、借金はしないに越したことはないですし、自分でも貸すのも借りるのもしたくはありません。 でも、借金といっても、いろいろな場合があります。事業を始めるのに大きなお金を銀行で借りるのも借金なら、 あ、100円足りないからちょっと貸して、っていうのもまあ借金ですし、あるいはどうしても1万円が足りなくて 切羽詰ってキャッシングを利用する、とか言うこともあります。 ひいては、家を買うとか車を買うとかのローンだって、借金と言えば借金ですよね。 なので、借金=絶対悪のように、頭ごなしに否定するのは、ちょっと違うんじゃないかな、と思うのです。 というのは、こないだ知り合いでキャッシングを使っている人の話になったときに、みんながすごい嫌悪感を露わにするので、 そんなに悪いかな、と思ったのです。 キャッシングを安易に利用して借金地獄、とかいうは、ありがちな話ですが、みんながそうなわけじゃないし、 それはその人の考え方、利用の仕方に問題があるわけで、イメージだけでそういうのを否定するのはちょっとどうかと思います。