破産の申立てをおこなっても司法機関などから家族や親類に直接電話がかかるといった類いのことはありません。Plataforma de trabalho

ですから家族や親族には気付かれてしまい自己破産の手続きが不可能とは申しません。ハーブガーデンシャンプー

ただし、実際問題として自己破産申請を行う時点で司法機関などから一緒に住む家族の月給を証明する書面や預金通帳の写しといった証明書類の提供を有無をいわさず要求されるようなこともありますし、借りたところから家族や親類へ督促が来るなどということもよくありますので近親者に露見してしまわないように破産の手続きができるという確証はまずないと考えられます。

家族や親類に隠して後になってから発覚してしまうよりかは、最初の段階で嘘偽り無しに本当のことを話してご家庭の方々皆が一丸となって自己破産を乗り切る方が無難でしょう。

一方同居していない家族や親類であれば自己破産の申告をしたのが事実が知れ渡ってしまうというようなことはほとんど考えなくて良いと理解しても良いでしょう。

妻/夫の支払義務を失くすことを目的として婚姻関係の解消を計画する早まったカップルもいらっしゃるとのことですが、それ以前に、夫婦同士である場合でもまず自らが連帯保証人になっていない限り法的な義務は発生しません。

ただし、書類上の(連帯)保証の名義人である場合はたとえ婚姻関係の解消を実行したとしても責任に関しては残ってしまいますとみなされるため支払い義務があります。

よって、離婚届の提出を実行するだけで借りたお金の法律上の支払い義務が無効になるようなことは認められないのです。

そしてしばしば借りたところが債務者の家族や親類に請求に及ぶといったことがありますが連帯保証人又は保証人という立場になっていないケースであれば親子や兄と弟の間などという類いの近親者間の債務であっても借りた本人を除く親族に法的な支払義務は考えられません。

まず、債権を持つ会社が支払義務と関係のない家族の人に対して支払請求を行うのは貸金業関係の法律についての行政の営業ガイドラインの中で禁じられており督促の実行方法によっては貸金業規制法の支払いにおける督促の取り決めに違うことになります。

なので支払に対する強制力を持っていないにもかかわらず借り主の家庭が催促を不当に受けた場合は、債権を持つ会社に対し支払いの督促を直ちにやめるよう注意する内容証明の郵便を送るべきでしょう。

しばしば、借金を持つ人当人のことが可愛そうだからと考えてしまったために借り主以外の家族や親類がお金を代わりとして返してしまうような話もありますが本人が自立の心を忘れて多額の借金を蒸し返すことがあるのです。

従って借金を持つ本人心情を考慮したら血も涙もないようですが借りた本人自助努力によって借りたお金を返済させていくかそういったことが無理であれば自己破産の申請をやらせた方が本人の今後の生活を全うするためには良いと言えます。