思いつきもせず不意に起こってしまうのが自動車事故です。

そこでどんな風に行動するかが原因となり自動車保険金の支払金もかなり変わることもありますので冷静な判断と対応が求められます。

想像も出来ないケースに巻き込まれて平静さを失ってしまうのならば大事な対処を見落してしまい、先々あなたがとても大きな損を負う場合もありえるので事故に巻き込まれた時には次に述べる行動を行いましょう。

乗用車の事故をしたケースで一番にしなければいけないのが怪我をした方の状況の確認です。

自動車事故の後すぐは頭が混乱してぼうぜん自失となってしまうことがありすぐに行動を起こせないのが通常です。

ですから、負傷した方がいた場合は危なくない地点へ移動して応急手当して周りの人に助けを求めるなど人命救助最優先に努める必要があります。

119番に電話をする時には適切な事故の場所を連絡し不確かな場合には付近の目に留まったお店や交差点を連絡して事故が発生した住所が分かるようにします。

次に警察へ通報して、事故が発生したことまた現状を連絡します。

救急車とパトカーの到着を待っている内に事故の相手のことを確かめます。

名前、住んでいるところ、免許証、車のプレート相手の自動車保険会社などなど相手だけでなく自分の内容を教えあいます。

その時に事故の相手方にミスがあったような状況では事故現場でやりくりしようとする場面が考えられますが現場で解決するのではなく、どのような時でも110番や保険の会社に通報して、ちゃんと確認してもらうようにしましょう。

お互いの情報を交換したら他の交通の妨害になることをやめるために妨げになる物道から取り除きます。

万一障害となった物が他の車の障害となっている場合はお互いの情報を交換するよりもこの対応をしても問題はないです。

この後に自らが加盟している車の保険会社に電話を入れ、自動車の事故が起きた事を届け出ます。

交通事故から一定期間内のうちに自動車の保険会社に連絡を入れないと、自動車の保険の適用外に場合も想定されますので遅れることなく連絡を入れることが必要です。

また事故現場の様子としてカメラや携帯のカメラ等を用いて事故現場や愛車の破損を見ることができる写真を残しておきます。

この証拠写真は過失のパーセンテージ決定する時に重要な糸口となりますので、あなたの乗用車や先方の乗用車の破損を正しく証拠写真として残しておくことが大切です。

この際に第三者がいたら警官や保険会社の人が辿り着くまで事故の現場に待ってもらえるように呼びかけることも大事です。