ありふれた初心者用の外為の教科書では、「マイナスになった場面ではナンピン買いして、全体の平均の買い付けコストを下げることができる」と助言されていたりしますが、正直に言うとナンピンには目に見えない罠が潜んでいます。にんにく卵黄 効果

まずは、ナンピン買いのロジックについてとても簡単に説明しておこう。登録販売者

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとします。即日でお金を借りる

$買いですから円安になればなるほど儲けが出ますが運悪く1ドル=95円までドル安が進んだとします。膝腰にスポーツタイツCW-X

そのままの状況でポジションを持ち続けたら、プラスになるためには損失分円安に動く必要があります。ワキガ対策

皆さん、マイナスはなるべく早く回復したいと願うだろう。ブラックでも融資可能な銀行

この状況を変えるため最初に売買したのと同額の$を、95円で売買します。

それによって、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。

要するに、2円50銭の幅で円安が進むと、損失を回復できます。

この流れがナンピン買いの理論です。

このような、ナンピンのロジックをみると「ごもっとも」と考えたりするが市場は簡単には問屋を卸してくれない。

だいたい、95円が底値だということなど、誰一人として分かるはずがありません。

たとえば、為替がかなり強い円高ドル安傾向だとしたら1ドル95円では下げ止まることなくより一層円高にいく危険性がある。

仮に、97円50銭でナンピンをした時に、1ドル=95円まで円高に進んだらナンピン買いした分にも差損が生じることになってしまうのである。

これでは、一番初めに取引したドルと全部で、倍の為替差損を被ることになります。

この例のように、ナンピン買いは難しいです。

それでは、相場が自分自身のシナリオとは逆の方向にみるみる行ってしまった場合どの対応でリスクを管理すればいいのでしょうか。

こういう場合には取るべき方法は2つしかありません。

まずひとつは潔く、ポジションを諦める事です。

もうひとつはその時点で、あなたが所持しているポジションを少なくして、もう一度相場がリカバリするのを黙って待ち望む事だけです。

ちょっと後ろ向きな対策だと思う投資家もいるだろう。

しかしながら、自分が所有している買いポジションに為替差損が生じた時、最も危険の少ない方法はこの2つ以外にはありません。

勿論、理屈の上ではナンピン買いという考え方も有効です。

けれどもナンピンはあなたが損をしているにもかかわらず、ポジションを減少させるどころか、それとは逆に買いポジションを積み増していく手法です。

この手法では、危険性を削減することなど、どうやっても無理だと思ったほうかいいだろう。

ナンピン買いを続けられればいずれは損を取り返せるかもしれません。

だけど、そうなる先に投資資金がマイナスになってしまいます。