そもそも、一般の人が破産を請求するまでの時間は借金のある当人へ対する電話によった借金回収と負債のある個人の家への直接訪問によった返済要求は無法というわけではないと考えられます。それから、破産申請の手順に進んで以降、余計な時間がかかってしまったときには無作法な徴集を行ってくる割合が上昇します。債権保有人側にとっては債権の払込もされずに、なおかつ破産といった対応もされない状態であると団体内での対応をすることが不可能になるからです。また、債権保有人の過激なタイプは法律家に助けを求めていないと知ると非常に無理矢理な回収行為を繰り返す企業もあります。司法書士法人または弁護士団体に助けを求めたケースでは、一人ひとりの債権人は依頼者に関しての直接集金をすることができなくなります。頼みを把握した司法書士もしくは弁護士法人は事件を受任した旨の文書を各権利者に配達し、その文書を見た時点から依頼者は過激な徴集から解放されるわけです。ちなみに、取り立て屋が勤務先や親の家へ訪問する返済請求は法律の条項で許されていません。貸金業として登録されている企業であれば勤め先や親の自宅へ訪問する返済要求は貸金に関する法律に違反しているのを把握しているので法に反していると言えばそういう類の取り立てをし続けることはないと言っていいでしょう。破産に関しての申し立て後は本人に対しての取り立てを含めて例外なく徴集行為は禁止になります。よって、取り立て会社からの徴集行動はすべて消滅するということです。しかしときどき違法と知りながら電話してくる取り立て屋も存在しないとは断定できません。貸金業で登録を済ませている会社ならば破産に関しての申し立ての後の徴集行為がガイドルールに違反するのを分かっているので、違反だと言えば、そのような返済要求をやり続けることはないと考えます。とはいえ、闇金融と言われている登録外の業者についての場合は範囲外で、法外な取り立てによる事件が減らないのが現実です。取り立て企業の中にいるかもしれない際はどんな理由があれ弁護士の人もしくは司法書士などの専門屋に依頼するといいと考えます。